ミネラルファスティングに取り組んだら洋服選びが楽になった。

昨年(2017年)の夏に初めて取り組んでみたミネラルファスティング。初回に楽々と5キロ落ち、体調も良かったことからその後も数カ月に一度10日、5日、7日とリピートし、1年が経過した現在はスタート時から10キロのマイナスになりました。目標まではあと5キロくらい落としたいのですが、体重計の数字のことだけでなくこのファスティングをやってみたことでいいこともかなりあったので記録しておこうと思います。

ミネラルファスティングに取り組んだら、洋服選びが楽になった。

体重が10キロ落ちたことで、洋服のサイズが変わりました。特に上半身。

これまでは、身長が158センチなのに、LとかXLでないと、前も後ろもぱつんぱつんで、誰かの写真にうっかり映っていた自分の後ろ姿を見てがっくり…ということがよくあったのです。

それが、ファスティングを数回やってみて、上半身はMサイズを着られるようになりました(バンザーイ)それをはっきりと感じたのは、昨年の秋も深まろうとしていた頃、そろそろコートを…と久しぶりにクローゼットから出して袖を通した瞬間でした。

背中が…スカッとしているっ!

どうやら、前年までの私の背中とコートの間にはむぎゅっと詰まったかたまりが踏ん張っていたようです。それが、この時はするっと着る事が出来て、なんだか風通しが良いのです。これには感動しました。体重計の数字以上に、「本当に痩せたんだ…!」と言う実感が湧いたのです。そういえば、周囲の人からもしきりに「立ち姿が違う」「横から見て(厚さが)薄くなってる!」と頻繁に声をかけられるようになったのもこの頃でした。確かこの時はまだマイナス7キロくらいの時でしたから、その段階で周囲の人からもはっきりわかる変化があったらしいのです。

Mサイズの洋服が着られると言うことは、お店に入った時に吊るされているお洋服がほぼ入るということです。それまで、「あ、これ素敵だなあ」と思ってもワンサイズしかないために試着をためらってしまっていたものも、その気になれば全部着られるぜ~~!と心の中で万歳三唱したのでした(笑)。

 

↑左がファスティング前、右はファスティング後。
左はスマホで撮った講座中のスナップ。右は、プロの写真家さんに撮っていただいた写真という違いはあるものの、顎のラインはスッキリしたと自分でも思います。


しかし、晴れてMサイズになった私が、これまで着られなかったお洋服をさぞやあれもこれもと買い揃えたのかというと実はま逆で、着たくなったのはGパンとTシャツでした。コートと同じく、どうせぱつんぱつんになってしまうし、、、と外で着るのをためらっていたTシャツを着てお出かけしたくなっちゃったんです。これには自分でもびっくりでした。体重が落ちたとはいえ、まだスリムとはほど遠い体型だったのですが、なんだか気持ちよくなっちゃったんですよね。ついでに、10年以上ぶりにスニーカーも買いました。(某駅で待ち合わせした友達が、私に気づかず「男の子が立っているのかと思った」と言ってました(笑))

ミネラルファスティングに取り組んで変わったこと。今後も少しずつ書いていこうと思います。

【10/11追記】ファスティングモニター様の募集を開始しました!こちらからどうぞ。

<ご注意>
私が取り組んだミネラルファスティングは、専門家のサポートの元、必要な栄養素を取りながら行ったファスティングです。水だけ断食やただ飲まず食わずのファスティングは身体を壊す元になってしまいますから絶対にやめましょう。ミネラルファスティングについては今後もこのブログでご紹介していきますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です