奇跡のコース「ティーチャーズマニュアルを読む会」

現在では世界各国20ヶ国以上に広がり多くの人に親しまれ、日本でも、「奇跡のコース」「奇跡講座」「奇跡の道」などのタイトルで翻訳されているACIM …A Course in Miracles「奇跡のコース」。

ACIMは、1965年にコロンビア大学の医療心理学教授であったヘレン・シャックマン氏が イエス・キリストから受け取ったガイダンスを、ウィリアム・セットフォード氏の協力を得て7年にわたって書き取りを続けた文書です。
その後、ケネス・ワプニック氏が編集として加わり、書籍として出版されました。

ティーチャーズマニュアルって何だろう?

1976年当時は「テキスト」「ワークブック」「教師の手引き(ティーチャーズマニュアル)」の三部構成で出版されましたが、その後、「心理(精神)療法」「祈りの歌」の付録が書き取られ追加されています。

テキストをクラスで音読したり、自宅でワークブックに取り組んでいる人は多いと思いますが、「ティーチャーズマニュアル」については、ひょっとしたら「まだもっと将来、誰かに伝えたくなったら読むもの」と思ってはいませんか?

確かに、「ティーチャーズ(教師の)マニュアル(手引き)」と言う名前だけ聞くと、人の前に立って教える人専用!というものとして捉えられてしまうのも無理はないかもしれません。

しかしコースの考え方では、コースに出会った瞬間から誰もが学習者であり、ティーチャー(伝える人)であると言われています。

そしてこのマニュアルに書かれていることは、単なる技法的な説明ではなくて「生き方」や「世界の見方、捉え方」にも通じることなのです。

ですから、コースをすでにご存知の方はもちろん、興味はあるけれどもまだテキストを読んだことはない、漠然としている、と言う方にも、ティーチャーズマニュアルから受け取るものは限りなくあるとわたしは思っています。

この世界の考え方によると、教える役割と学習する役割とが実際には逆になっている。その役割が逆転しているということが特徴だといえる。まるで、教える者と習う 者とは別々にされており、教える者は自分自身にたいしてよりも、むしろ習う者に何か を与えるものと思われている。さらにまた、教えるということは特別な活動であって、 教える者は自分の持てる時間の比較的みじかい間だけ、それに携わるものだと見なされている。これに反して、この奇跡の道は、教えるとは正に習うことであり、したがって教える者と習う者は同じだということを強調する。もう一つ強調しているのは、教えることは絶え間なく続く過程であること、それは一日中いっときも休まず行なわれており、眠っている最中にも続いているという。

田中百合子訳「奇蹟の道」教師の手引き 序文より

「喫茶川上」が再びスペースUネストへ!

鵠沼海岸「やすらぎの部屋」を拠点に、多くの人にコースの世界を伝え続けているコオさんこと川上貢一さんがスペースUネストで「A Course in Miracles(奇跡のコース)」について語ってくださる会、「喫茶川上」。
前回の夏から少しお時間をいただきましたが、1/28(火)に再び開催します。

現在、インテンシブクラスやアドバンスクラスがメインのコオさんにとって、ちょっとイレギュラーなクラス(お話会含む)ですが、主催のわたしだけでなくコオさんご本人も楽しみにしてくださっているシリーズです。

コオさんと一緒に「ティーチャーズマニュアル」を読みながら、気になるフレーズについて語り合ったり、わからない部分は質問できたり、言葉の間から湧き上がるコースの世界を感じたり…。

初心者の方にもぜひご参加いただきたい会ですが、すでにコースの学習をされている方で、お茶会やお話会などで周りの方にシェアしたいと思っていたり、ご自身でもクラスを開いてみたいと考えている方には特にオススメしたい内容です。

今回は、スペースUネストでの対面クラスに加えてZoomによるオンラインクラスもセッティングしました!

コースをご存知の方もそうでない方も、気になったらぜひ!ご参加ください。

同じ時間、同じ場に集まった皆様と、ゆったりとくつろぎながらACIMのエッセンスに触れる時間をお届けできたら、こんなに嬉しいことはありません。

ACIM(奇跡のコース)ティーチャー コオさん(川上貢一さん)からのメッセージ

奇跡のコースに興味があるけれどもテキストはちょっと難しい、365日のワークブックレッスンはなかなか続かない、という方もいらっしゃると思います。

そういう方にお勧めするのはティーチャーズマニアルを読むことです。

ティーチャーズマニアルは読んで理解できる部分が多いだけでなく、人生を生きる上で重要な哲学となり得る内容が含まれています。

ACIMの学習者でそろそろ勉強会を開きたいと考えている方、何らかのかたちで「教える」ことに 携わっている方々にもきっとお役に立つことと思います。

一緒にティーチャーズマニアルを読むことできっと役に立つ何かが見つかることと思います。当日お会いできるのを楽しみにしています。

●川上貢一(コオ)さんプロフィール

1964年生・射手座・A型。11年間の会社員生活のあと独立。2000年に奇跡のコース(ACIM)と出会い、独学を開始。現在はACIMクラスを主宰。心のなかで語られるメッセージをメルマガとして2005年より毎朝発行中。2017年にナチュラルスピリット社より書籍「インナーメッセンジャー」として出版されました。

コオさんのサロン「やすらぎの部屋」ホームページは>>こちら

【喫茶川上・ティーチャーズマニュアルを読む会】

<対面クラス>
日 時:2020年1月28日(火)13:00〜16:00
会 場:スペースUネスト(JR横浜駅より徒歩12分)
参加費:10,000円(税込)

<オンラインクラス>
日 時:2020年2月2日(日)10:00〜12:00
会 場:Zoomにて(お申込みの方に後日ZOOMの招待リンクをお送りいたします。
参加費:10,000円(税込)

<ご用意いただくもの>
テキストをお持ちでない方はこちらからご用意ください>>Amazon

【単発セミナー、講座、ワークショップのキャンセルポリシー】
イベント開催1週間前までのキャンセルは全額返金いたします(振込手数料差引額)。
開催6日前よりのキャンセルはイベント開催費用の50%を事務手数料として頂戴し、残りの50%を返金いたします(振込手数料差引額)
開催前日および当日のキャンセルはキャンセル料を100%頂戴します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です