【火と氷の国アイスランド】番外編・旅のきっかけと服装と持ち物

<旅のきっかけ>

 

「アイスランド」とその国の名前を聞いただけで

「お正月早々またわざわざ寒いところに行くんですね!」

と、よく言われました。

 

はい、決めた私もそう思いました…。

 

今回は、両親が先に申し込んでいたツアーに

「ちょっと心細いから一緒に来て」と言われて

私が後から合流する形になったのですが

 

父の目的は何と言ってもオーロラ。

死ぬまでにオーロラを見たいんだ!という気合いでした。

(↑その割にいざ本物のオーロラを見た日はあっさりしていた人)

 

ここのところ右足の調子が悪く杖を使っている父と

昨年の11月に手術をしたばかりの母。

ただでさえ慣れない旅先、

しかも道の凍結も充分予想されるアイスランド。

母としては昭和な父の分までの旅支度から、

現地での面倒を見ることとか

かなりの負担になるのは間違いない…(-_-)

 

いつもなら「行ってらっしゃーい」と送り出す私も

今回ばかりは着いて行くことに迷いはありませんでした。

 

こんな機会でもないと

自分からアイスランドに行くなんて思いつきもしないだろうし

両親も80代目前になって、

一緒に1週間も旅をするなんて機会はもうないかもしれない…

と思ったことも一緒に行くことを決めた理由の一つでした。

 

<服装>

 

とはいえ、直前まで年末年始だったこともあり

なんだかぼんやりしてしまって

旅の準備は間際になってから…。

 

ガイドブックがわりに購入したこちらの本は

母に貸してしまい、読めずじまい^^;;

 

 

さて、何を着て行こう・・・?

 

ネットで検索していたら

アイスランドは「その名前のイメージほど寒くはない!」

「北海道の寒さを知っている人なら楽勝」

と書かれているサイトが多かったのです。

 

とはいえ、

天気が変わりやすく、「1日に全てのお天気を体験できる」とも。

オーロラ待ちの時は長時間外にいるかもしれないし…

 

とあるサイトによると

「おしゃれなど考えるな!着膨れを恐るな!」

「アイスランドが寒いんじゃないのよ。着込み方が足りないのよ by アイスランド人」

などなどの名言も発見。

 

そうか、やっぱり着込んだ方がいいよね!

日本では時々おかしいと友人から突っ込まれるほど薄着で通している私ですが

せっかくの観光を寒さに震えて楽しめないのは嫌なので

できる限りの準備はしておこうと出発3日前(笑)に買い出しに行きました。

結果。上半身は

ユニクロのヒートテックとか極暖を二枚重ね。

その上にセーター。

その上にモンベルのダウン。

雨が降った時はその上にモンベルの薄手の雨具。

 

下半身は

ユニクロのヒートテックタイツ。

その上に靴下。

その上に厚手のパンツ。(スカートはやめとけと)

その上に雨が降った時用にモンベルのゴアテックパンツ。

 

※ゴアテックパンツは、旅の後半は雨が降っていない日でも

防寒に活躍してくれました。

 

そして恐れず着膨れた図(笑)

IMG_9259.jpg

 

写真で見ると本当に膨れているな・・・。

 

しかしそのおかげで、体は暖かでした。

モンベルすごい!と見直した私でした。

 

あまりダウン系は着ない私でしたが、

このダウンは気に入って、帰国後もよく着るようになりました。

 

IMG_9445.jpg

 

<そのほかの持ち物>

 

小物は、毛糸の帽子、手袋、簡易アイゼン。

これらは大活躍しました!

 

{3A4BB71D-D67A-43BD-ADAE-4BE82D03C7D7}

 

毛糸の帽子は、アライグマの毛のポンポンが着いていて

「かわい〜!」と決めて購入。

このほか耳あても持って行きましたが、

帽子を耳までかぶるので耳あては向こうでは使用せず。

 

ただ、毛糸の帽子は編み目の荒いものを選ぶと

隙間から風がピューピュー入って来て

耳が辛い時がありました(+_+)

編み目の詰まったものか、ほかの素材のものを選ぶといいかも。

 

{5185CC55-DE99-45BB-8631-C275ECBB24DF}

 

手袋は、特にスマホで写真をよく撮る人なら

指先が出るタイプのものがおすすめ。

そして、撮ったらさっと指先を隠せるものがおすすめ…。

 

たった指先だけが出ているだけで

かなり冷たくなるんですよ〜

 

ボディの部分は着込んでいたので気づかないのですが

外気が相当冷たいので、

うっかり手袋を忘れて外に出た時は大変でした!

 

{85515990-6DB3-4C5E-9D51-6988029BC4D1}

 

アイゼンは、直前に日本でネットで購入したのですが

どうにもきつくて(サイズが小さかったらしい)

それは母にあげて現地のお店で2500円くらいで買いました。

 

現地の氷河洞窟ツアーなどではアイゼンを貸してくれる場合も多いようですが

そのほかの場所も凍っているところが多いので、

アイゼンは自分用のを持って行った方がいいと思いました。

(購入できるお店に立ち寄れるとも限らないので)

 

そうそう、アイゼンをつけるとはいえ

靴は、もともと滑りにくい素材の靴底のものを選んでいきましょう〜。

アイゼンとの相性も日本でチェックして行った方がいいと思いました。

 

 

意外に使わなかったのが、どっさり持って行ったホカロン。

あれ?

 

重ね着を徹底したので、結局使ったのは

フリーズしちゃったカメラとiPhoneを温めた時だけでした。

 

でも寒がりの母は背中に貼ったりしていたようです。

 

このほかは、特にほかの国へ行く旅と変わらない準備でしたが

エコバッグも必須アイテムです。

 

スーパーマーケットや小売店などでは

買い物の際に袋はもらえませんし、

あっても有料です。

 

{DAA6FCC8-ACB0-4A25-87F5-94B86BEF4962}

これは昨年、お客様からいただいたお気に入りのエコバッグ♡

 

{3C9A9735-0AFB-437E-A1DE-BAE95E5A55D2}

 

現地でも可愛いのを見つけて買いました。

買ってすぐに活躍してくれました♪

 

 

最後に、カメラは、予備があった方が安心…。

 

慣れない道で転んだりよろけたりぶつけたり

あまりの寒さゆえに

今回12人のツアー中カメラが故障した人

私を含めて3人もいました^^;;

 

一時、iPhoneまで突然電源が落ちるなど

不調になりとても焦りましたが

こちらは温めているうちに復活。

 

もし荷物的に余裕があれば、

メインのカメラ以外に、小さくてもいいので

予備のカメラを持って行くといざという時に安心だと思います。

 

 

以上、旅のきっかけと持ち物でした〜!

 

続きます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です